【もう苦手なんて言わせない!】指導計画の書き方と、各項目の意味【3つの例え話で楽しく解説!】

この記事で書いていること!

現役保育士が、[指導計画]をより分かりやすく理解する為の例え話として《旦那》の指導計画を立ててみました。是非参考にしてみて下さいね!!

この記事では、こんなことが分かります!

【指導計画丸分かり!】身近なことに置き換えたら、こんなに分かりやすかった!

⇒真剣に、指導計画について説明しています!!

でも身近なことに置き換えることで、真面目になり過ぎず、スッと頭に入ってきますよ。

 

ベテランの保育士さんでも苦手な方が多いのが、指導計画。

 

そこで今回は、指導計画の苦手意識を減らし、そして、少しでも楽しく学べるように、

[子ども]を[旦那]に置き換えて指導計画を立ててみましたよ!

 

りこ

指導計画について学びながら、旦那さんとの関わり方についても知ることが出来る、お役立ち記事になっています。

楽しみながら読んで下さったら嬉しいです!

実際に[子ども]を[旦那]に置き換えて指導計画を書いてみたよ!

パターン1 [家事に非協力な旦那編]⇒【ねらい】と【内容】を学ぼう

― 指導計画(案)―

 

【先月の姿】

→家事のことを気にせず過ごす。

 

 

【ねらい】

→家事に興味を抱き、少しずつ参加する。

 

 

【内容】

楽しい雰囲気の中、食事の配膳を行う。簡単な家事に取り組みながら、家族から感謝される喜びを味わう。

 

 

【環境構成】

→旦那がストレスなく配膳を行えるよう、事前に食卓の片付けを妻が実施しておく。更にキッチンから食卓までのスムーズな導線を確保する。

 

 

【予想される旦那(子ども)の姿】

→すぐには行動せず、否定的な態度を示す。

 

 

【妻(保育者)の援助】

→家事に参加しやすいよう、分かりやすい声掛けを行う。

 

 

【評価、反省】

→前向きな声掛けを行っていくことで、次第に参加する範囲が増えてきた。

 

また、旦那自身も配膳に参加する習慣がついてきたように思う。

家事に参加した際は、優しく感謝の意を伝え『次もやろう』という意欲を育んでいく。

 

[解説]

りこ

特に理解が難しいのが、【ねらい】【内容】です。

そして、この2項目が分かると、【環境構成】も自然に考えられるようになりますよ。

【ねらい】= どう導きたいか

【内容】= 導くために、必要な経験

【環境構成】= 必要な経験を積むための作戦(環境や雰囲気)

 

指導計画を立案する際のポイントは、強要して《やらせる》のではなく、

《自発的に》《自然に》行うようになる作戦を立てる、ということです。

 

パターン1で出てきた重要用語をまとめます!

  • ~~に興味を抱き、〇〇をする。
  • 事前に~~しておく。
  • スムーズな導線を確保する。
  • 楽しい雰囲気の中~~をする。
  • 分かりやすい声掛けを行う。
  • 『次もやろう』という意欲を育む。

 

 

りこ

大きな目標を達成するためには、スモールステップを重ね、成功体験を味わうこと大切です。

家事に無頓着な旦那さんには、とにかく[簡単過ぎる家事]から慣れてもらいましょう!

 

 

パターン2[イライラ旦那編]⇒見守りの重要性を考えよう

― 指導計画(案)―

 

【先月の姿】

→疲れから、家族に言葉で当たる。

 

 

【ねらい】

安心して、自宅でゆったりと過ごす。また、家族に愛情を向けようとする。

 

 

【内容】

→質の高い眠りにつき、十分な休息を取る。自分の時間を存分に取ることで、心に余裕を持つ。

 

 

【環境構成】

→寝室が落ち着ける場となるよう、掃除を徹底する。また、疲れが強い時は、程よい距離感で見守り、家事などの頼みごとを控える。

 

 

【予想される旦那(子ども)の姿】

→家事などの頼みごとから解放され、安心して自分の時間を過ごしたり、存分に休息をとったりする。

 

 

【妻(保育者)の援助】

→旦那の思いを察して、過剰に関わりすぎないように配慮する。思いを訴えた時は、丁寧に耳を傾ける。

 

 

【評価、反省】

→旦那のキツイ言葉に対して、怒りや悲しみで対応せず、常に穏やかな言動を心掛けた。

その結果、『悪いことをした』と旦那自ら、自分を省みる様子があり、自然に家族に愛情を向けようとする姿があった。

 

仕事での忙しさが落ち着くまで、しばらく同様の対応を続けていく。

[解説]

りこ

まずは基本項目のおさらいをしましょう!

【ねらい】= どう導きたいか

【内容】= 導くために、必要な経験

【環境構成】= 必要な経験を積むための作戦(環境や雰囲気)

・・・でしたね。

 

今回パターン2で覚えて頂きたいのは、

導きたい【ねらい】があった時に、[必ずしも何か具体的な援助をすれば良い]というわけではない、ということ!!

  • 敢えて見守る。
  • 敢えて援助をしない。

 

時には《〇〇をしない》というアプローチ方法が、大きな効果をもたらすんですよ。

 

今回の指導計画で言えば、この部分です。↓↓

【環境構成】

→疲れが強い時は、程よい距離感で見守り、家事などの頼みごとを控える。

  • ~~をして見守り・・・する。
  • ~~を控える。

こんな対応が適切なことだってあるんです。(これは、旦那も、子どもも同じです!)

 

 

ですが実は・・・『あれをする』『これをする』よりも

『あれをしない』、『これをしない』という、さり気ないサポートの方がよっぽど難しいんですよ。

 

“相手に変わって欲しい”という思いがある時ほど

ついつい、過剰に関わりたくなってしまうのですよね・・・。

 

また、上手に関われないと、ただ不適切な行動を見逃すだけの、《ただのスルー》になってしまいます。

 

適切な『~~をしない』『~~を見守る』をするには、

相手を深く思いやる心と、高度なテクニックが必要なんだって知っていて下さい。

 

そしてこのテクニックを上手に身に付けさえすれば、

この “さりげないサポート” は、相手にとって居心地が良く、自然とあなたに信頼を抱くようになるのでしょう。

 

 

難しいテクニックだからこそ、計画を立てながら上手な作戦を練っていきましょうね!

 

パターン2で出てきた重要用語をまとめます!

  • 安心して~~する。
  • 十分な休息を取る。
  • ~~をして見守る。
  • ~~を心掛けた。
  • 自然に~~する姿があった。
  • 今後も~~の対応を続けていく。

 

りこ

疲れている時の旦那さんって、《やって欲しい》という要望よりも、

《~~をしないで欲しい》という要望の方が大きかったりします。

 

《〇〇をしない、という援助方法》是非意識してみてくださいね!

 

 

パターン3[飲み会が多すぎる旦那編]⇒環境構成を理解しよう

― 指導計画(案)―

 

【先月の姿】

→ストレス解消のため、頻繁に飲みに行く。

 

 

【ねらい】

→飲み会を楽しみつつ、家族のことにも目を向ける。家族が、ストレスをもたらすだけの存在ではないと知る。

 

 

【内容】

→飲みに行く際、事前に家族に連絡をする。

 

 

【環境構成】

→出社前、玄関で優しく送り出し笑顔を向ける。「家族のために早く家に帰ろう」と思えるような関わりをする。

 

 

【予想される旦那(子ども)の姿】

→ストレスからお酒やタバコの量が増えるが、温かい言葉掛けによって、少しずつ減っていく。

 

 

【妻(保育者)の援助】

→ 旦那の疲れやストレスに寄り添い、“飲みに行く”という選択を責めずに尊重する。

 

家族の温かみが味わえるように、労いの言葉を優しく掛けるなどし、自宅にもリラックス出来る場があることを示していく。

 

 

 

【評価、反省】

→旦那の思いを汲み取り、頭ごなしに飲み会を否定しないよう心掛けた。

 

旦那が、事前に飲み会の連絡をした場合は、「助かったよ」などと声を掛けて、連絡が嬉しかったという気持ちを分かりやすく伝えるようにした。

[解説]

りこ

【環境構成】には、いくつか種類があるので、紹介していきますね!

 

【環境構成の種類】

・物的環境

・時間、空間的雰囲気

・人的環境

 

そして、パターン3の『飲み会が多すぎる旦那編』の計画で挙げたのは、

[空間的雰囲気][人的環境]にまつわる環境構成です。↓↓

【環境構成】

出社前、玄関で優しく送り出し笑顔を向ける。「家族のために早く家に帰ろう」と思えるような関わりをする。

 

【環境構成】って、言うならば、計画遂行のための《作戦》&《下準備》のこと。

相手に変わって欲しいならば、その場面になる以前から勝負は始まっています!!

 

今回の例で言えば、

出社前に見送りをする時点(飲み会が始まる前 )から、【環境構成】を行っています。

 

\【環境構成】が出来ていないと、こんなことが起こる💦/

【NG例・・・】

 

〇飲み会が始まってから、「早く帰ってきて!!」と連絡をする。

〇飲み会が終わってから、「なんで連絡をくれなかったの!?」などと責め立てる。

りこ

このパターン、もしかして身に覚えがある方も多いのでは・・・?

 

こんなことにならない為には、事前に【環境設定】を整えておくことは本当に大切。

 

自然と『家族のために早く帰ろう』と思えるように導けるように、

策を講じ、先回りして布石を打ちましょう。

 

【上手な環境構成】は、自然と、相手に適切な行動をとるように導くことが出来ますよ!

 

ちなみに保育の世界で、子どもが適切な行動が取れなかった時に、[子どもに問題がある]と責める保育士さんがいます。

 

しかし、本当に問題があるのは、保育士さんが設定した[環境構成]であることも多いです・・・。

 

さて・・・、夫婦関係に置き換えても同じことが言えます。

 

ケンカをした時に、落ち着いて考えてみて下さい。

【旦那さん】が悪いの?

 

それとも、2人が身を置いている【環境構成】が悪かったの?って。

 

 

夫婦関係は、あなたの【環境構成】次第で、より良いものに導ける可能性がありますよ!

 

 

パターン3で出てきた重要用語をまとめます!

  • ~~と思えるような関わりをする。
  • ~~に寄り添い、〇〇を尊重する。
  • ~~を分かりやすく伝えた。

 

りこ

自発的に『~~をしよう!』と思ってもらうためには、「~~して!」と命令することよりも、

《心に寄り添う》《尊重する》ことの方がずっとずっと重要です。

(童話《北風と太陽》をイメージすると分かりやすいかも!)

 

指導計画は、[どうなって欲しいのか][どう関わっていくべきか]を明確にするためのツール

ここまで読んで下さってありがとうございました!

[子ども]を[旦那]に置き換えることで、指導計画の必要性がより分かりやすくなったのではないでしょうか?

 

 

日々の業務に追われ、なんとなく立案して、なんとなく振り返りをまとめている保育士さんが多いかもしれませんが、

指導計画の意味や、意義を考えながら立案してみて下さいね!

 

では、最後に本記事の内容をまとめます。

 

本記事の内容《まとめ》

~重要ポイントのおさらい~

【ねらい】= どう導きたいか

【内容】= 導くために、必要な経験

【環境構成】= 必要な経験を積むための作戦(環境や雰囲気)

 

―[指導計画]がもたらす効果!―

 

・【ねらい】で、どう育って欲しいと願っているのかを、自分の中で明確にする

・【内容】【環境構成】で、それをサポートするための作戦を考える

・【評価、反省】で、相手に合うアプローチ方法を見直していく

 

―[指導計画]から学ぶ、旦那との適切な関わり方―

 

・スモールステップで成功体験を味わえるよう導く

・「~~をして」と命令をするよりも、心に寄り添った関わりを意識する

・環境構成を整え、自発的に『やろう!』という気持ちを引き出す

 

保育士さんって、子どもと向き合うのは上手でも、

[自分のこと]や[旦那さん]との向き合い方に悩んでいる方って意外と多いんですよね・・・。

 

『なんで私がこんなことまで・・・!?』と思うかもしれませんが、

ちょっとしたサポートを繰り返すことで、自然と、導きたい姿へと誘導することが出来たら素敵ですよね。

 

小さなことから、家のことを担当してもらったり、

 

ちょっとしたことでも、家庭でのことを共有し合う仕組みが出来ている。

 

それが仲良し夫婦の秘訣です。

 

一緒にスモールステップを踏んで、夫婦として成長していきたいものですね。

 

管理人《りこ》から一言!

 

子どもとの関わりでも、旦那さんとの関わりでも、

大切なことは根本的に似通っています。

 

相手を心から尊重し、寄り添う。

そして、自発的な行動を促すために、導く。

 

 

普段の暮らしの中でも、意識して生活してみませんか?

より、豊かに生きていけることでしょう!

 

 

以上、指導計画の書き方について学びながら、旦那との丁寧な付き合い方が分かる記事でした!

 

りこ

さて、本日の記事はここまで。

最後まで読んで下さってありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら、こちらもオススメです!

【家事の本質】共働きの家事がワンオペで辛い人へ【頑張り過ぎると良くない理由とは!?】

ママになったら見て欲しい。

  • 保育士ママ向け応援ブログ『ゆる・ほいくし生活』

    大切なわが子の為に、いつだって笑顔の自分でいたいから、もう、仕事で消耗してる場合じゃない! これからは、“ゆる保育士”を目指しましょう。

    評価
    OKな生き方♡[保育]も[日常]も大切に生きる【ゆる保育士】
    NGな生き方…大切な[日常]を犠牲にする【消耗保育士】

    保育士ママ向け応援ブログ『ゆる・ほいくし生活』では《愛しい存在と過ごす日常》を大切にするヒントを発信中♪ 一緒にゆるやかに生きていこう!

  • 日常を大切に出来る求人が見つかるサイト⇒【ほいく畑】

    [子育て]と[保育の仕事]の両立を叶えたい!と、強く願う、保育士ママ向けの求人が揃っています。

    評価
    おすすめポイント♪家庭を重視した働き方を見つけやすい!
    見つかる求人☆短時間・残業なし、などのママに人気の求人

    さあ、一番ギュッとしたい、わが子のために・・・! 【ほいく畑】で、素敵な求人と今すぐ出会って、《ゆる保育士》という生き方を探しに行こう♪

  • みんなが知らない[転職サイト選びの極意]

    [理想の職場と出会う為]の勝負は《転職サイト選び》から!!

    評価
    内容おすすめを押しつける記事ではなく、自分で考えて選び抜くためのノウハウを教えています♪

    数ある保育士転職サイトの中から、“今のあなたにぴったり!”のサイト選びのコツをお伝えしています♪ 長い記事なので、本気の人だけ読んで下さいね!