【保育士の仕事が辛いと思ったら】合う職場を探す為に試すべきこと【性格診断】

保育士に向いているのか悩んだら

保育士として働く皆さん。

 

保育士の仕事に、やりがいを感じていますか。

それとも楽しさを見失って、仕事が辛い・・・なんて方もいるでしょうか?

 

周りの保育士さんと比べて自分だけ出来ていない気がする・・・。

思っていたよりも保育の仕事を楽しめない・・・。

 

保育士に、向いていないのかな・・・。

 

最初は憧れがあって始めた職業でも、実際に勤務してみると、

上手く出来ないことがあって壁にぶつかってしまうこともありますよね。

 

 

自分自身に保育士としての適性があるのか、悩んでしまうこともあるかと思います。

 

 

そんな時に、是非試してみて欲しいことがあります。

 

それは、自分の根本的な性格を知るということです。

 

 

まず、あなたが保育士を目指した理由は何でしょうか?

子どもが好き、という理由を挙げる方が多いかもしれませんね。

 

ですが、「子どもが好き」という同じ気持ちを持った方々でも、

三者三様に皆さん性格が違うのです。

 

 

 

  • 子どもが好きな外向型タイプ
  • 子どもが好きな内向型タイプ

 

シンプルな分類ですが、同じ「子どもが好き」という人でも

こんなにも簡単に性格タイプを2種類に分けることが出来てしまいます。

 

同じ「子どもが好き」な人でも、タイプによって力を発揮しやすい環境は異なってくるのは当たり前のこと。

合う職場、合わない職場は誰にだってあるのです。

 

 

生まれついての「本当の自分」を見つける

人は、現在生きている環境や、生きてきた境遇などによって、表出する性格や態度が変わっていきます。

対面する相手によって、その態度を変えた関わりをする、というのも誰だって当たり前。

 

一見明るくて元気に見える人だって、

環境や場所が変われば、物静かで落ち着いた姿を見せることだってあるでしょう。

 

様々な側面を持っているのは当然のことで、

元気で明るい側面も、物静かで落ちていている側面も、両方ともその人自身の姿です。

 

 

そういった様々な側面を持ち合わせていることを考慮した上で、

それでも人間の基本的な性格は生涯を通じて変わることはない、と言われています。

 

三つ子の魂百まで、とはよくいったものです。

 

 

私たちは、自分の適性に悩んだらまず、自分の本当の性格タイプを知らなくてはいけません。

本当の性格タイプというのは、生まれ持っての性格のことです。

 

 

周囲の環境によって、自分らしくない生き方を強制されている人も多くいるのが現状ですが、

「本来の自分」を取り戻していくことで、満足のいく職業を見つけられるのです。

 

 

自分の根本的な性格を知る為に、おすすめの性格診断を紹介します。

 

きっとこの診断を試すことで、生き生きと活動出来る場を見つけるきっかけとなると思います。

 

 

あなたにとっての居心地の良い場所は、

 

もしかしたら保育の業界ではない場所かもしれませんし、

同じ保育の業界でも、少しだけ今と違う場所なのかもしれませんよ。

 

 

性格タイプを見つけるために

 

では実際に、どのようにして生まれ持った本来の性格タイプを知ることが出来るのかを紹介致します。

 

「あなたの天職がわかる16の性格」という書籍があります。

 

 

 

 

あなたがたがつねに本来の自分であり、心から好きなことができますように。

本書冒頭メッセージより引用

 

 

こちらの書籍で紹介されている、性格診断を用いることによって、生まれ持っての性格を知ることが出来ます。

世の中には沢山の性格診断がありますが、こちらの性格診断では『生まれ持った性格』を見出すことが出来るのが特徴です。

 

 

 

どうして、自分の本来の性格を知ることで、合う職場を探すことが出来るのでしょうか。

それはとても簡単なことです。

生まれ持っての性格が活きる場所で働くことは、私たちにとってとても居心地が良いからです。

 

 

生まれつきそなわっている能力を発揮できる仕事をするのは、利き手で字を書くようなものであり、自分に向いていない仕事をするのは反対側の手で字を書くようなものだ。

利き手を使えば、ものごとは気持ちよくスムーズに運ぶが、反対側の手を使うよう強制されれば、あなたは本来そなわっている能力を発揮できない。

本書19ページより引用

 

自分の性格タイプを正しく把握することによって、より働きやすい環境に身を置くことが出来るということです。

 

 

『あなたの天職がわかる16の性格』の活用方法

第1部 性格診断

 

始めに第1部をよく読みながら、性格診断を行いましょう。

性格診断チェックリストに沿って、一つずつチェックしていけば大丈夫です。

 

診断方法は以下の8つのアルファベットの組み合わせで、

生まれついての性格を16のタイプに分けて診断するというものです。

 

 

8つの組み合わせ

(E)外向型 or 内向型( I )

(S)五感  or 直感 (N)

(T)思考  or 情緒 (F)

(J )決断  or 柔軟   (P)

 

第1部には、チェックリスト以外にも文章が沢山あります。

是非、文章の全てに目を通して下さい。今後の人生の大切な指標になるはずです。

 

性格に合った場所で心地よく生きるための、重要な言葉が揃っています。

 

より深く、自分の本質を見つけていくためにも、どうか全ての文章を読んで下さい。

 

 

さて、チェックの結果性格のタイプが分かります。

性格タイプは全てで16タイプあり、以下はその全てを表にしたものです。

 

性格タイプ表

①ESTJ型  責任者:責任を果たす人、組織に忠実なビジネスマン

②ISTJ型   努力家:ひとりでコツコツ努力をする人、時間をかけて正しいことをする人

③ESFJ型  社交家:人の役に立ち感謝されたい人、おもいやりにあふれた社交的な人

④ISFJ型   組織人:組織のなかで生きていく人、名誉にかけて義務をはたす人

⑤ESTP型 冒険家:楽しさを求めて冒険する人、多忙が大好きな人

⑥ISTP型   実務家:危険やスリルを求める人、独立心の旺盛な実務家

⑦ESFP型 楽天家:活発に行動する人、「くよくよするな、幸せになろう」がモットー

⑧ISFP型   職人肌:調和を願う繊細な人、不言実行に控えめで温厚な人

⑨ENTJ型  リーダー:人の上に立ち出世を求める人、生来のリーダー

⑩INTJ型   アイディアマン:アイディアを発想する人、能力+自主性=完璧主義者

⑪ENTP型 起業家:強い印象を与えて人を興奮させる人、産まれながらの起業家

⑫INTP型  戦略家:完全無欠を求める人、独創的に問題を解決する人

⑬ENFJ型 チームプレーヤー:人の幸福を願う人、PRが得意な社交家

⑭INFJ型   理想家:誠実で強調する人、縁の下の力持ち

⑮ENFP型 創作者:可能性を追求する人、好奇心のかたまりの名交渉役

⑯INFP型  芸術家:心の平和を求める人、胸のうちに情熱を秘めた芸術家

 

16のタイプの中から自分の性格タイプが分かったら、第2部へ進み自分の性格タイプの詳細ページをじっくり読んでみて下さい。

 

 

 

 

 

第2部 16の性格(性格タイプの詳細ページ)

 

第2部ではそれぞれの性格タイプについて、一つ一つをとっても丁寧に教えてくれています。

 

全部で16タイプもある一つ一つの性格タイプに対して、

それぞれ10ページ以上にも渡った情報を提示してくれているのです。

 

掲載されている内容は以下の通りです。

 

 

掲載されている内容

・性格について

・短所

・実例(実際にこのタイプの性格に該当する人の考えや、仕事との向き合い方)

・実力を発揮できる職場環境

・仕事に関連する長所と短所

・向いている仕事

・転職・転職活動で成功をおさめるには

・弱点を克服しよう

・成功する鍵

 

とても丁寧に性格の特徴や、その人の向き不向きについて教えてくれます。

そしてその性格タイプに適した、具体的な職業まで掲載してくれているので、選択肢の指標が非常に分かりやすくなっています。

 

 

第3部 あなたの天職を知るための「ワークシート」

じっくりと読み終えたあとは、第3部に進んで下さい。

第3部では「向いている職業を考える」ワークシートが用意されているので、そこに書き込みをいれながら更に深く適性のある職業を掘り下げて考えていきましょう。

 

 

 

きっと、ここまでのステップを終えたあなたは、以前よりも自分にあった職場の方向性を理解出来るようになっているはずです。

 

 

 

保育士として働く著者の性格タイプ

ちなみに私は、ENFJ型[外交・直感・情緒・決断]でした。

 

  • 人の幸福を願う人、PRが得意な社交家。
  • キーワード=人助け、誠実、協調性、社交上手

私は新卒で入社した会社が合わず、心底悩んで辛い日々を過ごしていました。

(その時のことは『社会人から保育士への転職。適性を判断するためには。』という記事で詳しくお伝えしています)

社会人から保育士への転職。適性を判断するためには。 仕事が合わなくて悩んでいた私が、最終的に転職を決意した時に、

「保育士を目指そう・・・!」という気持ちを後押ししてくれた文章が、本書の中には沢山ありました。

 

 

一部抜粋して引用しますね。

 

 

ENFJ型は人に共感をあわらにし、相手を理解していることをしめす。部下や生徒の才能を伸ばすのがうまく、子どもに細やかな愛情をそそぎ、育てようとする。

人の気持ちがよく分かり、責任をもって相手の世話をしようとする。人とつきあうときは、相手のよいところを見つけようとする。

本書211ページより引用

 

 

ENFJ型の多くが、教育関係の仕事に興味をもつ。人と直接かかわり、かれらが成長し、発達していくのを手助けできるからだ。具体的なものごとについて教えるのを好み、自分なりの解釈や表現をつけくわえる。

そしてまた、どんな意見も拒絶されることのない、調和のとれた協力的な職場で働きたいと思っている。

本書218ページより引用

 

 

そうだったのです。

幼い頃から、将来は保母さんや、小学校の先生になりたいと夢を掲げていましたし、

大学生時代は塾講師アルバイトをして、講師としての仕事に大きなやりがいを感じたこともありました。

 

思い当たる節が沢山あり、私の性格タイプをピタリと言い当てていることを実感したのです。

 

 

そして、向いている仕事例の中には

教師(とくに特別支援学校、小学校、幼稚園)という言葉も含まれていました。

 

 

私はこの書籍の中にある文章に出会って、ようやく思い出したのです。

 

「教えること」

「伝えること」

「手助けをすること」

 

が本当に好きだったことを。

そうして人から喜んでもらうことが、私にとって大きな喜びとなってきた、ということを。

 

 

 

 

今振り返って見れば、自分が生き生きと過ごせる居場所を、私は心の中では本当は知っていたのかもしれません。

 

ですが私は、実際に就職先を選択する岐路に立った際に、

こんな、自分の性格の根底とも言える大切な部分をすっかり忘れてしまっていたのでした。

 

 

本来の性格を無視した就職先の選択をしてしまった理由は、

生きてきた環境や時代の考え方にも影響を受けていたことにあるのかもしれません。

 

 

堅実に、安定している企業に、長く勤めること。

就職活動の時にはこんなことばっかりを考えてたことを思い出します。

 

 

私は本書と出会って、

向いている場所、生き生きと過ごせる場所へ行くためのヒントをもらったのでした。

 

 

*補足ですが、著者の性格タイプENFJ型の詳細が気になる方はこちらもどうぞ。

参考 ENFJ人の幸福を願う人性格診断セブン

 

 

自分の性格タイプが見えてきたら・・・

本書を通じて、あなた自身の本質を思いだすことが出来ましたでしょうか?

保育士という職業は、あなたの本質に合うものでしたか?

 

 

この先に考えていかなくてはならないことは、幾つかあります。

パターンに分けてお伝えしていきますね。

 

〇自分の性格タイプと「保育士」が合っていない感じた方

⇒是非、他の選択肢も考えてみて下さい。一度保育士になったからと言って、他の業種に行ってはいけないという決まりはありません。

折角資格も取ったのにもったいない・・・、という気持ちも分かります。

ですが、しばらく保育士としての勤務をして、どうしても合わないと感じるようであれば、思い切って異業種での仕事にチャレンジしてみるのも良いかと思います。

 

好きなこと、自分に合うことを探すための第一歩として、これも一つの道ではないかと私は思います。

初めから合う仕事に就ける人の方が少ないものです。

 

もしかしたら、この行動によって、その先であなたは天職と出会うかもしれません。

行動を起こしてみないことには、人生何が起こるか分かりませんよね。

 

〇自分の性格タイプと、「保育士」が合っていると感じた方

⇒保育の仕事に引き続き従事していくと良いと思います。仕事上での心配事も、業務に慣れていくことで減っていくこともあるでしょう。

 

 

〇自分の性格タイプと「保育士」が合っていると感じるにも関わらず、仕事が辛いという方

⇒「保育士」という職業自体は向いているのに、他に別の要因があってあなたの本来の性格が活かされていない可能性があります。

考えられる要を5つ挙げてみました。該当するものがあるか確認をしてみて下さい。

①職場の考え方が合わない

どんなにあなたが、「子ども達には伸び伸びと過ごして欲しい」と考えていたとしても、園自体の方針として、「集団生活における規律を重んじる」というものが掲げられていたとしたら、どうでしょう・・・?

合わない方針を掲げている園で働くということは、常に自分の考えを押し潰しながら働くことになってしまいます。

 

 

②職場の勤務環境が合わない

また、有給が取れない、残業が多い、持ち帰りの仕事が多い、給料が低い・・・

などの原因で仕事が辛いという場合もありますよね。

 

有給は基本的に捨てるもの、新人が雑用を全てこなして当然。そんな考えが蔓延している園もあるかもしれません。

そのような場合には、勤務先の園を変えることで改善出来ることもあります。

 

 

③人間関係が合わない

保育園での仕事はチームワークがとても大切です。他の保育士さんと上手く連携がとれず、協調し合えないような職場では仕事の辛さはどんどん増してしまいます。

 

 

④雇用形態が合わない

パート社員として保育園で働く、という選択肢もあります。子どもと関わることは好きでも、自分が主体となってクラスを導いていくことが苦手という方もいるのです。

そんな時には、子どもの生活をサポートする立場に徹するという方法もあります。

正職員としてフルタイムで働くことが合わない方だっています。肉体的にも精神的にも、辛くなってしまうようであれば、思い切って正職員にこだわらないという生き方だってあることを忘れないでいて下さい。

 

生活のために、正職員でなくてはならないという方も多いでしょう。

そこは自分の心の声と、よく相談をしましょう。自分らしく生きていくという決断は、本音と建て前を切り離してしっかりと自分に向き合って考えて行かなくては見い出せないものなのです。

 

正職員にこだわり続けることによって、体や心を壊してしまっては本末転倒です。

 

必死に働くことによってストレスを抱えてしまうくらいならば、

自分に合う丁度良い勤務時間と業務の内容で働き、心穏やかに生活した方がよっぽど仕事も家事も両立出来るようになるかもしれません。

 

 

 

⑤勤務する場所が合わない

「保育士」といっても、幼稚園や保育・園だけが勤務先ではありません。

院内保育、病児保育、病後児保育、学童保育、乳児院・・・などなど。様々な職場があるのをご存じですか?

それぞれに特色や特徴が異なっていますので、一つ一つの仕事内容を見ていくことで合う場所が見つかるかもしれません。

 

・書類作成が苦手。

・集団を相手にする保育が苦手・・・。

 

人によって得手不得手があるように、職場によっても仕事内容に大きな違いがあるのです。

 

院内保育のように比較的、書類が少ない職場だってあります。

病児・病後児保育のように、一対一の密な関わりの場が多い職場だってあります。

 

 

あなたの苦手をカバーし、そして長所を活かせるような職場がきっとあるはずです。

どうか積極的に探してみて下さい。

 

 

最終的にどうすれば良いのか

 

まずは、一歩踏み出してみましょう。

より合う職場を見つけるためには、自分から動き出さなくては始まりません。

 

 

特に情報収集は積極的にして下さい。

ご存じの通り現在はネットが普及していて、誰でも気軽に情報を入手することが出来ます。

 

しかし、待っているだけで都合良く、求める情報が振ってくることはありません。

 

待っているだけでは、有益な情報を知ることが出来ないのです。

『自分で検索をして、調べる』という簡単な行動の繰り返しで、重要な情報を得る機会が増えていくのです。

 

 

求人サイトをボーッと眺めるだけでも、何か変わることがあるかもしれません。

今働いている職場とは異なる職場の求人を見るだけでも、今よりも視野が広がるからです。

 

こんな働き方もあるんだ、

ここなら楽しく仕事が出来るかもしれない・・・!

 

勿論、求人情報とその実態が異なるケースは多々ありますが、

それを眺めて自分の心の視野を広げるのは個人の自由です。

 

自分の求める働き方を発見するための糸口が、一つでも見つかればそれで良いのです。

 

 

求人サイトに登録していいのは、転職の決心を固めた人だけではありません。

他の職場にも興味がある、といった具合の動機であっても勿論誰が登録したって構わないのです。

 

保育士向けの求人サイトだって、一般企業向けの求人サイトだって、沢山ありますよね。

ハローワークに赴けば、ネットでは公開のされていない求人だって揃っています。

 

 

簡単に出来る第一歩は「求人サイトへの登録」

もしもあなたが仕事のことで悩んでいて、まだ何も行動をしていないというのであれば、

まずは求人サイトへの登録をするべきです。

 

それは家にいながらでもすぐに出来る、最も手軽な情報収集の方法だからです。

 

そしてこの方法は、その手軽さの割にあなたに大きな機会をもたらしてくれることでしょう。

 

 

繰り返しになりますが大切なのは、まずは自分で行動をしてみることです。

視野を広げましょう。働き方は、あなたが思っているよりも多くあるのですから。

 

様々な求人情報を見ることによって、園によって個性が異なることを知ることが出来るはずです。

 

 

あなたが求人をみて、「ここで働いてみたい」「この職場は自分に合っているかも・・・」

と感じた場所があったとしたならば、その園でもきっと、あなたのような人材を求めているはずなのです。

 

要は、互いに考えや向いている方面が近しくて、相性が良い職場があるということなのです。

 

 

 

登録すべき保育士向けの求人サイトを紹介しますね。

保育ひろば

保育業界の求人サイトの中では求人数がトップクラスだと言われています。

その為、「試しに1社だけ求人サイトへの登録をしてみようかな」と考えている方には“保育ひろば”がおすすめです。



日本トップクラスの求人数!保育の転職は《保育ひろば》へ

 

 

保育士バンク

こちらのサイトも、求人数はトップクラスと言われています。

先に紹介した『保育ひろば』と同じくらいオススメのサイトです。



保育士求人・保育園求人なら【保育士バンク】

 

 

スマイルSUPPORT

更に広く様々な求人をチェックしたい、という方は更にもう一つ求人サイトに登録しておくと良いでしょう。

それぞれのサイトでしかない求人情報もありますので、それを補完し合うことで情報の取りこぼしが少なくなります。



保育分野での転職ならコンサルタントが完全サポートのスマイルSUPPORT

 

 

求人サイトにも相性はありますから、まずはそれぞれに登録してみて使いやすいと思った方をメインに選んで使っていきましょう。

 

紹介した3つのサイトは、どれも全国に対応している求人サイトですので、どなたも安心して登録して下さいね!

 

 

 

求人サイトへの登録は一見手間に思えますが、一度登録してしまえばその後は掲載されている求人を、いつでもどんな時にでも自由に閲覧出来るようになります。

素敵な職場との出会いを逃さないためには、定期的に求人をチェックするのが一番です。

 

 

色々な求人情報を繰り返し見ていくことで、

自分の性格が最大限活かすことが出来る、本当に望む職場を上手に探す練習をしていきましょう。

 

一番合う職場と出会うためにも、

条件だけが魅力的な、ただそれだけの求人内容に安易に惹かれないようにして欲しいのです。

 

 

給与、勤務時間だけで求人の善し悪しを判断してはいけません。

自分の性格とのマッチング率が高い職場であるかどうかも、しっかりと吟味しましょう。

 

 

自分の性格タイプを正しく把握することによって、

その先で皆様が素敵な職場と出会えることを心より願っています。

 

 

 

 

終わりに 性格タイプを気軽に知る方法

 

※ちなみに・・・

本記事にて紹介してきました性格診断は、ネット上でも試すことが出来ます。

転職にまつわる詳しい情報は書籍でじっくり読み解くのがオススメですが、興味のある方はネットで気軽に自分の性格タイプを調べてみて下さいね。

参考 無料性格診断テスト

 

参考 診断ページ(精度重視版)

 

 

サイトによって診断内容の設問が異なるため、結果は必ずしも同じにはなりません。

ただ、性格の方向性を知ることは出来ます。設問に悩んだときは、幼い時の自分の性格を想定して回答することによって、より正しい性格タイプを導き出すことができます。

幼少期の性格は、周囲の環境によって受けた影響がまだ少なく、ありのままの本来の性格であることが多いからです。

 

 

 

本来の性格を知ることによって、『自分』という個性を活かして生きていくための第一歩となりますように・・・。